求人・雇用にまつわる法的トラブル

仕事を探す時には、誰もが出来るだけ条件が良い求人を探すものです。

求人・雇用にまつわる法的トラブル

仕事を探す時には、誰もが出来るだけ条件が良い求人を探すものです / 27歳 女性

仕事を探す時には、誰もが出来るだけ条件が良い求人を探すものです。

求人に、働く条件として詳細に記されていても、いざ働いてみると条件が異なる場合もあります。仕事内容が異なる場合や、労働時間が異なる場合、賃金が異なる場合、休日日数が異なる場合など求人に書かれている内容と異なると、働きにくくなることもあります。特に、賃金が最低賃金を下回ったり、労働時間が法外の場合は、出来るだけ早く改善してもらわなければなりません。
私は、自ら面接の時に質問しなかったのも良くなかったのですが、給料を聞かされないまま、仕事を始めてしまったことがあります。実際に、初めて給料が支払われるまで、給料の具体額が分かりませんでした。
求人には、いくらからいくらの間としか記入がありませんでした。
支払われた給料は、求人票に書かれていた給料よりも低いものでした。

給料に納得いかず、会社に話してみたのですが、なかなか給料が上がることはありませんでした。
専門家などに相談するなどして、解決しなければならないと感じました。

Copyright (C)2018求人・雇用にまつわる法的トラブル.All rights reserved.