求人・雇用にまつわる法的トラブル

求人、雇用関連のトラブルの原因を会社の方に置いて考えるだろうと思いますが、こうしたトラブルというのは、会社側にとっても頭の痛いケースでもあると思います。

求人・雇用にまつわる法的トラブル

求人、雇用関連のトラブルと言うと / 42歳 男性

求人、雇用関連のトラブルと言うと、雇用側も被雇用者側にも両方有ると思いますが、多分、多くの人は、社員なりの形で雇用されている立場の人が多いと思うから、トラブルの原因を会社の方に置いて考えるだろうと思いますが、こうしたトラブルというのは、会社側にとっても頭の痛いケースで侭あると思います。
雇用するということは、瞬間においては双方感謝の念が有ると思いますが、問題やトラブルが起こりやすいのは、その雇用を切る、切られる時だと思います。つまり、退職時ですが、自己都合退職になるケースが殆どだと思いますが、ある日突然退職願を突きつけられるという事が殆どだと思います。
普通に良識のある社員ならば、会社の事、引継ぎの事も考えて、辞表を出した後に一ヶ月程度は、会社の為に時間を割くでしょうが、そういう意識が低い人は、提出と同時に、今までとってこなかった有給休暇を要求し、そのままその日から会社に出てこなくなる場合もあります。
法的にどうかという事よりも、社会人としての良識ですとか、常識みたいな意識が希薄になっているところで、トラブルになる事が多くなっているような気がします。今後もそういった問題は、増えてくるのだろうと思います。

Copyright (C)2018求人・雇用にまつわる法的トラブル.All rights reserved.