求人・雇用にまつわる法的トラブル

求人で、未だに虚偽の内容の求人広告を出している企業も多いと聞きます。

求人・雇用にまつわる法的トラブル

求人で、未だに虚偽の内容の求人広告を出している企業も多いと聞きます / 45歳 男性

求人で、未だに虚偽の内容の求人広告を出している企業も多いと聞きます。
これに対して、具体的にどのような法整備があるか、正直、私も分からないのが現状です。
ただ、ハローワークで求人を探していて、面接に行ったら求人票と内容が違い、高圧的な態度をとられた事もあります。半ば、強迫に近い感じかも知れません。
雇用についても、一方的に解雇され、未払いの賃金をもらえない事もありました。
解雇理由も、差別的な事であり、法的に争う事も可能だったと思います。未払いの賃金は結局もらう事が出来ず、監督署に相談しましたが、真剣に取り合ってもらえませんでした。

実際に、このような事で泣き寝入りしている人も多いと思います。雇用する側の横暴を許してしまう事が、とても大きな問題だと思います。今よりももっと公平に、労働者を守る為の法整備が必要だと思います。
また、気軽に雇用問題で相談する事が出来る場所もあるべきだと思います。

Copyright (C)2018求人・雇用にまつわる法的トラブル.All rights reserved.