求人・雇用にまつわる法的トラブル

仕事をしていると、思わぬトラブルに遭遇することがあります。

求人・雇用にまつわる法的トラブル

仕事をしていると、思わぬトラブルに遭遇することがあります / 43歳 女性

仕事をしていると、思わぬトラブルに遭遇することがあります。
多いのが、給料の未払いというトラブルでは無いでしょうか。経営不振に陥った企業が、従業員に対して支払わなければならない賃金を踏み倒して、支払わないケースは実際に見聞きします。恥ずかしながら私の夫も、入社したばかりの会社が一カ月で休業、更に賃金未払いという問題に巻き込まれた経験があります。
この時は、未払い分の支払いを請求する文書を、内容証明郵便で送りましたが、相手側の反応がなく、解決には至りませんでした。
本来は裁判に持ちこむという方法もあるのですが、こちらも次の仕事探しや生活があるので、そのトラブルに関わる時間や余裕がありませんでした。

わずか1か月分の給料なので、諦めがついたというのもあります。もしも、その当時にインターネットで解決方法を調べたら、何か糸口が見つかったのかもしれません。10年近く前のことなので、インターネットを使っておらず、雇用に関わるトラブルの対処法を調べることも大変だったのです。

現在は、インターネットで些細な情報も調べることが出来ます。弁護士事務所などに相談することも出来るでしょう。求人や雇用に関する法的なトラブルは案外と多いので、諦めずに対策を講じることも大切だと実感しています。

Copyright (C)2018求人・雇用にまつわる法的トラブル.All rights reserved.