求人・雇用にまつわる法的トラブル

学生時代の友人が、派遣社員として働いていたところは、非常に活気がある環境でした。

求人・雇用にまつわる法的トラブル

学生時代の友人が / 38歳 女性

学生時代の友人が、派遣社員として働いていたところは、非常に活気がある環境でした。

実際に、今まで様々な店舗を運営していた社長の号令下によって、多数の社員が働いていたのです。
そんな中、友人が会社で社長から正社員に雇用される、という話を聞かせてもらいました。
実はその会社では、新しい店舗を作る予定がありました。

しかし、今までのように行動していたのでは、新顧客を雇用できないということで、新しい視点での社内の雇用が必要、と考えたのだそうです。

その中から、複数の派遣社員を雇用する予定だったのですが、かなり多くの人がその新採用を喜んでいたのだそうです。

しかし、残念ながら突発的な事情によって雇用ができないと、急に話が立ち消えになってしまったそうです。
その為、約束不履行ではないかと、同時に話を聞いていた人たちと相談した結果、録音していたテープを持って、弁護士のところで話をして、経営側との話し合いを適切に行い、ある程度納得してもらえる結果に結び付けたといいました。

その為、雇用に対しての法律などを適切に理解しておくことが大切だと思います。

Copyright (C)2018求人・雇用にまつわる法的トラブル.All rights reserved.