求人・雇用にまつわる法的トラブル

求人や雇用にまつわる法的トラブルというと、不況になって更にそういった争いが多くなっているように思います。

求人・雇用にまつわる法的トラブル

求人や雇用にまつわる法的トラブルというと / 27歳 女性

求人や雇用にまつわる法的トラブルというと、不況になって更にそういった争いが多くなっているように思います。多くのトラブルといえば、雇用の際に提示された条件と異なる仕事をさせられるなどのトラブルも、多く耳にします。
私の知人は、採用時に提示された給料と、実際に支払われた給料が5万円も違った、ということがあったそうです。
その点について指摘すると、知人自身のスキル不足などが理由だと言われたそうです。

しかし知人は、採用前にしっかりと正直に話していたし、それも会社側は理解して採用したはずとのことでした。
上司は、もっと知人がスキルアップして仕事に慣れれば、最初に提示した給料になるというので、しかたなく友人は、給料が元の額になるように勉強などをしたそうです。

ですが、今のところまだ少ないまま。どれだけ努力しても上がる気配もなく、どちらにしても法律違反なので、労働基準監督署に相談して、対応してもらおうと考えているそうです。

Copyright (C)2018求人・雇用にまつわる法的トラブル.All rights reserved.