求人・雇用にまつわる法的トラブル

ブラック企業という言葉が流行っています。

求人・雇用にまつわる法的トラブル

ブラック企業という言葉が流行っています / 36歳 男性

ブラック企業という言葉が流行っています。ブラック企業は、暗黒級、ブラックホール級にブラックな企業であれば、みんなが「気をつけろ」とアラートを出してくれるからいいですが、パッと見そうじゃない企業も、実はブラック企業だったりするところもあります。
実際にあった雇用に関するヤバい話です。
契約社員は、長く契約していると、契約社員であっても正社員と同じ扱いをしなければいけなくなるわけです。

でも、そうなると会社としてのメリットが少なくなってしまいます。
でも、有能な契約社員にはずっといてほしい。そこで会社がとった方法は、「次も必ず契約するから、この契約期間が終わったら、一旦契約を解除するから。で、しばらく休んで、その後で必ず契約するから。声かけてね」と言い、契約をひとまず切ってしまうのです。

こうやって契約を一旦解除してしまうと、当然トータルの契約期間が短くなりますから、正社員と同じ扱いをしなくても良くなるわけです。
自分の手元には、有能な契約社員を囲えるわけです。

Copyright (C)2018求人・雇用にまつわる法的トラブル.All rights reserved.