求人・雇用にまつわる法的トラブル

求人・雇用にまつわる法的トラブルですが、最近は特に多くなっているのではないでしょうか。

求人・雇用にまつわる法的トラブル

求人・雇用にまつわる法的トラブルですが / 41歳 男性

求人・雇用にまつわる法的トラブルですが、最近は特に多くなっているのではないでしょうか。
やはり不景気で、雇用主の方が強くなっているのと、何としても業績を上げないと、会社の存続自体に関わってくるという焦りなどが、法的トラブルを引き起こすのではないかなと思います。最近よく聞く法的トラブルは、超過勤務に対するサービス残業の問題などをよく聞きます。
タイムカードを押した後に仕事をして、残業代を付けないとか、いわゆる店長がみなし管理職とみなして残業代を付けないとか、色々なスキャンダルを聞きます。後は、雇用に対して、セクハラまがいの面接を行っているという、法的なトラブルも耳にすることが多いです。

しかし、最近はネットの充実により、そのような企業はブラック企業のレッテルを貼られて、糾弾されることが多いと思います。ですので、払うものは払って、所謂雇用主と従業員は対等だという意識を持つことが、大事のではないかと思います。

Copyright (C)2018求人・雇用にまつわる法的トラブル.All rights reserved.