求人・雇用にまつわる法的トラブル

いくつかトラブルがありました。

求人・雇用にまつわる法的トラブル

いくつかトラブルがありました / 26歳 女性

いくつかトラブルがありました。
勤めている時はいいですが、辞める時が問題です。

職場の人間関係が面白くなくて、会社を辞めたことがあります。若気の至りで、上司にあいつが気に入らないといえば、部署を換えてくれたと思います。人間関係だからそれで解決です。

でも本当のことは言えなくて、会社が嫌になったとしかいいませんでした。
今考えたら、軽い鬱病になっていたかもしれません。とにかく燃え尽きた感じで、働くこと自体に嫌気がさしていました。

年次有給休暇がたくさん残っていて、12月のボーナスも迫っていた時期でした。
上司と退職時期を相談すると、12月の上旬を指定されました。
仕事は出たくないけど、ボーナスは欲しいのです。
これって現金だけど、辞めた後に当てがあるわけではありません。お金がないと困るのです。

そこで年次有給休暇を取れるだけ取って、辞めるのは12月末でボーナスをゲットしたいということで、法的トラブルになりました。
それまで私は年休をほとんど取っていなかったのです。
会社と話しても埒があかないので、労働基準監督署に相談して、係員の名刺をもらって会社に持って行きました。

結局、休暇は年末まで認められて、ボーナスは手に入れましたが、円満退社とは程遠く、今ではちょっとやり過ぎだったかと思っています。

Copyright (C)2018求人・雇用にまつわる法的トラブル.All rights reserved.