求人・雇用にまつわる法的トラブル

求人や雇用に関わる法的トラブルが増えています。

求人・雇用にまつわる法的トラブル

求人や雇用に関わる法的トラブルが増えています / 66歳 男性

求人や雇用に関わる法的トラブルが増えています。
一つは、正規社員の減少に伴う、派遣やパート、アルバイトの労働条件の問題。もう一つは、日本も法社会化していったせいか、これまで裁判所には無縁な生活を送ってきた一般庶民が、法的な手段をとることが可能と言う事を知るようになった、という背景があると思います。
人は、衣食住足りてようやく、人間らしい暮らしが出来ると昔から言いますし、憲法でも生存権は認められていますが、上記の状況下で多いのは、こうした事に関した次のような諸問題でしょう。
○超過勤務手当の未払い問題。○労災の認定問題(最近では、体以外にもストレスから心を病む人が増えています。)○解雇、いわゆる首切り(正規社員の場合も、一身上の都合とか表向きの理由はつけていますが、派遣にせよ、パート、アルバイトにせよ、何日かの事前通告期間を経てからの退職とか、解雇が法律で定められていますが、パート、アルバイトの場合には、即日解雇に近い状態で、通告期間内の賃金が支払われない場合が多いようです。
)○これは、専門技術者の場合ですが、特許権の権利の所在の問題。(このあたりは、企業により、特許権は企業に属するとされていますが、発明者は現場の技術者であり、その見返り報酬とか、時には特許の権利その物の所在が争われることなどもあります)。
最後の問題は一般的な事ではありませんでしたが、まだまだ潜在的な問題は、求人とか雇用の問題には多く含まれていると考えています。

Copyright (C)2018求人・雇用にまつわる法的トラブル.All rights reserved.