求人・雇用にまつわる法的トラブル

私の友人は保育士の資格を生かして、地方自治体のパート保育士をしています。

求人・雇用にまつわる法的トラブル

私の友人は保育士の資格を生かして / 35歳 男性

私の友人は保育士の資格を生かして、地方自治体のパート保育士をしています。
地方自治体なので、身分は公務員かと思ったのですが、パート扱いであるため、有期雇用となっているそうです。
雇用の在り方は、1年ごとの更新制だそうです。
特に何のトラブルもなければ、本人が退職したいと言わない限り、雇用延長してくれるそうですが、5年度までしか延長はしてもらえないのだそうです。

私から見ても、友人は保育士として優秀な人材であり、5年で雇用を打ち切ってしまうのは、勿体ない気がしていました。
ちょうど5年間の有期雇用が終わった時に、子どもを預ける保護者の方から「○○さんは優秀な保育士さんなので、雇い止めをしないでほしい。」という声が多数上がったそうです。

後日、人事担当の職員から、とりあえず2週間休んでもらって、その後新規の職員としてパート採用したいと言ってきたそうです。
法的には問題があるのかもしれませんが、有期雇用ではルール上、2週間の空白期間があれば新規採用と言う名の再雇用も可能なようです。

Copyright (C)2018求人・雇用にまつわる法的トラブル.All rights reserved.