求人・雇用にまつわる法的トラブル

昨今の不景気と、更に景気回復の見通しの不透明さから、大手企業でさえ新卒の採用を絞っている。

求人・雇用にまつわる法的トラブル

昨今の不景気と / 39歳 男性

昨今の不景気と、更に景気回復の見通しの不透明さから、大手企業でさえ新卒の採用を絞っている。
その傾向は、中小企業になると、もっと強くなる。更に問題なのが、求人のある職種に偏りが出て来ていることだ。やはり、IT関連の職種は今でも求人が多いが、製造業の方では、求人が少ない傾向がある。この傾向は、新卒に限らず、キャリアの求人でも同様であり、キャリア採用では、より即戦力が求められることから、これまでのキャリアとマッチする求人を探すことが、極めて難しくなっている。
その他サービス業や流通業界では、初任給があまり上がっていない、と言う現状もある。つまり、現状は求人を出す側も求人を探す側にとっても、厳しい状況にある。
その為、新卒採用では、求人が少ないと言う問題以外にも、内定の取り消し等がニュースになることある。また、キャリア採用でも、実際の入社後に感じるミスマッチの大きさに、悩む人が増えてきているようである。中には、裁判で争うケースもあり、『雇用』する側もされる側も、その難しさに直面している。

Copyright (C)2018求人・雇用にまつわる法的トラブル.All rights reserved.